アントレプレナー教育指導者研修会


山陰新聞 2004年(平成16年)6月21日

起業家教育理解を
琴浦高 教員ら対象に研修会


 起業家精神を育てる“アントレプレナー教育”への理解を深めようと、教員や企業人を対象にした研修会が20日、倉敷市児島田の口の琴浦高で初めて開かれた。

 中国経済産業局とビジネスインキュベーター岡山、県早期起業家教育研究会が主催。市内の小中学校や倉敷、岡山、津山市などの高校の教員、地元企業代表者ら約40人が参加した。

 NPO法人アントレプレナーシップ開発センター(京都市)の原田紀久子事務局長が「アントレプレナー教育とは社長を生み出す教育ではなく、自ら考えて問題を解決できる力を育成することが目的」などと講演。京都市の小、中学校で行われている同教育の実践報告があった。

 参加者は8班に分かれてワークショップ。実際の授業さながらに、学校、病院、福祉施設の問題点と解決策、理想の姿などを話し合い発表した。

 県早期起業家教育研究会は今後、小中学校を対象に同教育のモデル校を募集する予定。