『バーチャル・カンパニー トレードフェア2006京都』


京都新聞 2006年(平成18年)8月11日

多様な社会の課題解決策授業で探る
学校の事例報告募る


  NPO法人(特定非営利活動法人)アントレプレナー開発センター(事務局・下京区)は、地域と連携しながら、観光や産業、環境など様々な分野の課題解決を授業で探る学校の事例報告を募っている。
 11月19日に私のしごと館(京都府精華町)で開く「バーチャル・カンパニー トレードフェア2006京都」で発表してもらう。同フェアは、授業の一環でインターネット上で仮想起業を営む学校の見本市。
 今回募集するのは仮想起業以外で、@地域と連携しているA社会的な課題を解決する提案をまとめたB5人以上のチームで取組んでいる-の3点を満たす内容の授業に取組む小学校から大学まで。口頭発表は無料だが、ブースでの終日発表は有料。応募多数の場合、書類選考する。申し込み締め切りは9月22日必着。問い合わせは同センター(075)315-9103へ。