仮想起業経営プログラム「バーチャル・カンパニー」利用


読売新聞 朝刊 2001年(平成13年)11月13日

四日市商の「仮想企業」大繁盛
Saji&Company 全国1位



 京都市の京都リサーチパークで10日に開かれた電子商取引の教育シミュレーション
「バーチャル・カンパニー・トレードフェア」で、県立四日市商業高等学校の仮想企業「Saji&Company」(和藤智子社長)が、1等賞に選ばれた。

  バーチャル・カンパニーは、起業家精神にあふれた人材の養成を目的に、生徒が支援企業の協力を得ながら商品を開発、企業を運営しながらインターネット上で商品の売買を体験する教育プログラム。

 同校では、地場産業の万古焼卸売会社の支援を受け、今年4月に仮想起業を設立。情報処理科の生徒8人が、支援企業を訪ねて検品作業や土なべの絵付けを体験し、商取引の実際を学んで10月にホームページを開設した。

 トレードフェアには、電子商取引をしている15の学校(大学、専門学校、高校)から仮想企業約70社が集まり、対面販売やセールスポイントを発表、その優劣を競った。

 仮想なので、本物の商品や現金は動かさないが、四日市商は焼き芋器や花瓶などに人気が集中。トップに1,088,500円を売上、審査員の総合評価で1等賞に輝いた。

 指導している市川泰弘教諭は「地場産業と高校生との結びつきが評価されたと思う。焼き芋器で焼いた焼き芋、きゅうすで入れた伊勢茶などを振る舞い、積極的にセールスした点がよかった」と話していた。