仮想企業経営プログラム「バーチャル・カンパニー」使用


日本経済新聞 2003年(平成15年)4月25日

ネットで起業教育
神戸商議所 創業塾、今年度の講座


 神戸商工会議所の「KCCI創業塾」はインターネットを活用した起業教育プログラムを導入する。受講者がネット上に仮想の会社を立ち上げ、ビジネス体験するもので、今年度の目玉にしたい考え。 新しいプログラムの実施で起業家支援の強化を図る。

 KCCI創業塾は、起業家の養成が目的で、今年度は6月7日から7月12日にかけて実施する。ネット講座では、受講者がネット上に洋菓子の会社を設立、仮想の取引をすることでビジネスのやり方を学ぶ。     このほか今年度は、ビジネスプラン作成の基礎知識、マーケティング、知的所有権、社会保険に関する講義などを予定している。

 1999年度から始まった創業塾は今年度で5期目を迎える。卒業は2003年3月末現在で281人。このうち実際に起業した人は、今年12月までの開業予定者を含め、62人に達している。     神戸商工会議所は5期目の記念事業として、卒業生や兵庫県内の創業後間もない企業経営者を集め、それぞれの事業を紹介する展示会とビジネス交流会を開催する計画だ。

 
 


Copyright(c) 2004 Center for Entrepreneurship Development All Rights Reserved