仮想企業経営プログラム「バーチャル・カンパニー」
起業家精神育成教材「アントレの木」使用


産経新聞 2002年(平成14年)4月4日より週1回連載


中学生のベンチャー教室

1. 「起業家精神」子供たちに触れさせよう
2. 先生、企画書作りに挑む
3. 椋本理事長「わがベンチャー人生」講演
4. 起業家7人を授業の題材に
5. 担任の先生を売り込め
6. 「ベンチャーにどう振り向かせるか」教諭ら討論
7. プレゼンテーション巡りディスカッション
8. 趣向凝らした2度めのプレゼン
9. 批評の火花 プレゼン技術磨く
10.学校オリジナルCM制作 初歩のマーケティング論も
11.「KJ法」で論点整理
12.商品制作へ自発的に"トレンド£Tる
13.インターネットで情報収集
14.先人たちの足跡に学ぶ
15.企業化ミュージアム見学 グリコの江崎氏に感心
16.効果的な発表方法を工夫
17.小さいときからビジネス感覚を
18.起業家教育 創造力豊かな社会人育成できる
19.ミキハウス社長講演「何でも良いから夢持って」
20.夏休み、先生たちも「起業学習」
21.いよいよ“商品づくり”へ
22.「バーチャル・カンパニー」授業開始
23.「モノの長所」めぐりディベート
24.店舗経営ノウハウ学ぶ
25.外食メニュー題材にターゲット学ぶ
26.校外学習で売れ筋商品研究
27.客の立場で学び、次のステップへ
28.バーチャル・カンパニー設立
29.アンケートもとに歌やマーク作り
30.レストランで接客ノウハウを実習
31.ネットの展示商談会に参加
32.柔軟な思考、高めるために・・・
33.プレゼンテーションにプロの目光る
34.杵屋が抹茶サンド採用を検討
35.追手門学院もベンチャーコース
36.ビデオ片手にCMづくり
37.政治、経済にも目が向く
38.レストランの新メニュー、商品化へ
39.CM編集作業にパソコン
40.レストランメニューの食材調査
41.パソコンで売れ筋商品調査
42.メニューのネーミングを再考
43.真剣に商品発表リハーサル
44.企画した新メニューを試食
45.先生がセールストークのアドバイス