2021年度参加者アンケートより

  新型コロナウイルスの影響から、昨年度に続きオンラインでの開催になりましたが、トレードフェア終了後の参加者アンケートでは、全員が「大変学ぶことがあり役立つ活動だった」(69.1%)または「学ぶことがあり役立つ活動だった」(30.9%)と回答しております。役立った活動としては、「新しい事業を考え、形にするための活動ができたこと」(78.2%)や「審査という第三者評価が得られる機会があったこと」(65.5%)があげられますが、「HPやトレードフェアの発表で他の学校の取り組みについて知れたこと」(70%)などは、参加者がインターネット上での発信に慣れ、互いに交流し、発表の機会を得る事によって学習できていることが伺えます。
そして、このような活動を通して、90%近い参加者が「アイデアを形にする力」が伸びたと回答し、次いで、「他の人と一緒に協力して働く力」「伝えたいことをまとめて発表したり、他人に説明する力」がついたと約80%の参加者が回答しています。
殆どの参加者が以前より起業家を尊敬するようになり、そのうちの半分以上の参加者が「自分で会社を始めることに興味を持ち、ぜひ自分もいつかチャレンジしてみたいと思う」(30%)「将来機会があれば自分でやっても良いなと思う」(28.2%) と回答しております。オンライン上での開催ではありましたが、「発表と接客を同時にすることがなく、ゆっくり他校の発表を聞くことができた」(60%)、また「オンラインでも、発表や審査員との質疑応答の内容から、他校の取り組みについて知り学ぶことができた。」(61.8%)と多くの参加者がオンライン開催に肯定的で、昨年度よりも動画でのブース販売やプレゼンテーションで良い経験ができたと思われます。
新型コロナウイルスの猛威は油断できず、今後も状況を見ての開催になるかと思いますが、多くの生徒がオンライン開催でも活動の成果を発表できたと感じていることから、オンラインの強みを生かし、より発展的なトレードフェアにしていきたいと思っています。

トレードフェアでの体験に関する参加者のコメント<一部抜粋>

● 商品を企画して販売するところまで全て自分たちで行うことを経験し、今後社会人として生きていく上で必要なビジネスの仕組み、仕方などを学ぶことができた。
● 他のチームの発表の工夫の仕方や、問題に向けたアプローチの仕方を知ることができたことが学びとなりました。
● オンラインで伝える時の工夫を考え実行することでこれまでに無い経験が出来て良かったです。
● 質疑応答の時間で、社会人の方々から客観的なご意見をいただけたことと、チーム同士の交流の時間で、他のチームの活動で参考にしたい点を質問するなどして交流できたことが学びになりました。
● トレードフェア参加することにより、自分の役割や立ち回り地域の貢献に興味を持つことができました。
● 第三者の方の意見を聞くことで、自分たちの会社の足りない部分を知ることが出来ました。また、商品を扱ううえで生まれる法的な問題についても学ぶことが出来ました。
● 様々な角度から社会に貢献する、ニーズに応えた財、サービスを考えることが可能であると学んだ。
● 新しい発想に出会ったことです。また、私たちと同じようにこのトレードフェアに向けて頑張ってきた人達がいることを実感できて、私ももっと頑張ろうと思えました。
● 短い時間で自分たちのプロジェクトを理解してもらうためにはどう伝えれば良いのか考えるきっかけのひとつになりました。また、第三者からの評価をもらうことで、自分たちのプロジェクトが第三者からはどう思われているかのがわかり、今後の展開について考える学びになりました。
● オンライン形式の発表が初めてだったので、今後活かせると思った。
● 時代を反映する事業というのはやはり目を引くなと思いました。当たり前のことですが、商品や会社の事業を評価してくれるのは自分達ではなく、消費者なので、もっと彼らに寄り添った企画を考えなければならないと認識しました。
● 初めての出場でしたが、他校との交流や審査員の方の質問やお話は、自分の中でとても刺激になりました。また、この大会でしか得られない学びや気づきを経験することが出来たことを嬉しく思います。今後もトレードフェアでの学びを通して起業への理解や意識を高めていきたいと思います。今回はこのような貴重な場を設けてくださりありがとうございました。
● トレードフェアは自分たちの今までの取り組みを発表して見ていただくだけではなく、他校の学生さんたちの取り組みを知ることができ、自分たちの取り組みには足りなかった事業内容の興味深さや伝える力を学ぶことができたのでとても良い刺激になりました。
● 色々な取り組みを聞ける良い体験となりました。オンライン開催でしか体験できないこともあり、有意義な時間になりました。
● 起業家の方々から自分たちの開発した商品についての評価をいただけたので活かしていきたいと思いました。
● あまりこういう機会はないのでとても大変だったけれどいい機会でした。また、全国の学校の人がどのようなことを考え、発表などをしている様子を見ることができ、とても刺激になりました。
● トレードフェア初めて参加し、自信を持って発表に臨みましたが、他校の事業やプレゼン技術の素晴らしさに圧倒されました。悔しい思いもありますが、そこで立ち止まるのではなく、私たちの活動に自信を持って、次に繋げていきたいです。
● トレードフェアに参加してみて、一つの目的に向かってチーム一丸となって作業するチームワークを学ぶことができました。このような機会をいただき、ありがとうございました。
● 一堂に会することが難しいこのご時世に、オンラインという形でも開催していただきありがとうございました。他校の学生とコミュニケーションを取ることができる機会はとても貴重だと考えています。今後も引き続き開催されることを願っています。

主 催

ユース エンタプライズ トレードフェア実行委員会

協 賛

株式会社エスユーエス株式会社エフタイム京都信用金庫株式会社島津製作所株式会社SCREENホールディングス

広告協賛

株式会社井筒八ッ橋本舗、株式会社つなぐ制作所、株式会社土井志ば漬本舗

賞品協賛

株式会社井筒八ッ橋本舗、有限会社EK、オムロンヘルスケア株式会社、京都シネマ、株式会社SCREENホールディングス、よーじやグループ

後 援

経済産業省、厚生労働省、文部科学省、京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、一般社団法人京都経済同友会、公益社団法人京都工業会、公益財団法人京都産業21、一般社団法人京都中小企業家同友会、一般社団法人京都発明協会、青少年と科学の会、京都府私立中学高等学校連合会、全国中学校進路指導・キャリア教育連絡協議会、公益財団法人日本進路指導協会、公益財団法人全国商業高等学校協会、日本キャリア教育学会、一般社団法人日本教育情報化振興会、日本社会科教育学会、特定非営利活動法人日本シミュレーション&ゲーミング学会 

事務局

特定非営利動法人アントレプレナーシップ開発センター
所在地:〒604-0866 京都市中京区両替町通丸太町南入西方寺町160-2 船越メディカルビル3階
TEL:075-468-8907/FAX:075-468-8908
メールアドレス:info◆entreplanet.org (◆を@に変更して下さい)
URL: http://www.entreplanet.org/

過去のトレードフェア



Youth Enterprise



参加者募集中!



協賛団体募集中!



協賛団体


SUS.jpg


ftime.jpg


kyoshin.jpg


shimadzu.jpg


shimadzu.jpg


FACEBOOK

↑ PAGE TOP